ブランドにおけるギャランティ(保証書)とは何かをご紹介

ギャランティカード(保証書)とは

エコステージがお送りするリユースに関する様々なコラム集です。こちらは「ブランド品のギャランティカードについての雑学」に関してお知らせしたコラムページとまとめになります。

ブランドのギャランティーカード(保証書)って?

ブランド品を本物かどうかを見極める上で、重要な一つの指標として「ギャランティカード(保証書)」というものが存在します。
ギャランティカードは「本物を購入すれば必ず付くわけではなく」正規店以外では発行していないブランドもあったり、そもそもギャランティを発行していないブランドもあり、その扱いもブランドによって様々です。

ギャランティカードの意味合いは「品質の保証(ホンモノだという証)」が一番にあります。
そのためギャランティカードには、商品情報の他にも「いつどこで誰が購入したか」などの詳しい情報が記載されています。
修理を受ける際や、買取に出す際にはギャランティがあることでプラスになることが多いです。

ギャランティーカードは正規店でしか発行されない

ギャランティカードは、基本的にブランド品を正規店で購入したときにしか発行されません。
正規店というのは「ブランドの直営ブティック」と「正規代理店」の二つのみです。

「直営ブティック」とは、ブランドの会社が運営している直営店のことです。
ブランド街にずらーっと並んでいる、各ブランドの店舗や、デパートの中に入っているショップもほとんどが直営ブティックにあたります。

「正規代理店」とは、ブランドの会社が直接、代理店契約を結んでいるお店のことです。
正式に製品を取引しているため、こちらも正規品という位置づけになります。ブランドによっては正規代理店がない場合もあります。

↑ PAGE TOP

並行輸入品のギャランティと正規代理店のギャランティの違い

ブランドの会社が直接運営している直営ブティックや、直接、代理店契約を結んでいる正規代理店。
対して、簡単に言えば、販売店が正規店から購入してそれを販売している並行輸入品。

さて、両者の違いには何があるのでしょうか。

正規代理店
・ブランドの会社が直接、代理店契約を結んでいるお店なので、購入者の情報なども入ったギャランティが発行される。
・正規店できちんとしたアフターサポートや修理が受けられる
並行輸入品
・「並行輸入品を取り扱うお店」などでは、はじめからギャランティーがない場合が多い。
・購入した場所などの情報が記載していない「空欄のギャランティ」である場合も多い。(ドン・キホーテで販売されているブランド品が例です)

まとめると、購入者情報の有無・メーカーの保証の有無に違いがある、ということです。

ブランド買取におけるギャランティカードの価値

ブランド品を買取査定に出す際、ギャランティカードがついているブランドは「ギャランティがあったほうが高額査定に繋がる」ことはもちろんです。
ただし、私たち鑑定士はプロですので「ギャランティカードがあるからこの商品は間違いなく本物」というような判断はしません。
付属品の有無ではなく、基本的には品物本体だけを見て、本物か偽物かの判断をおこないます。

しかし、あまりにも偽物が多いブランドや、偽物の判定が非常に困難なブランドに関してはギャランティがないと買取不可と判断するものもあります。
ギャランティがないと買取不可になるブランドは、「真贋判定が非常に難しいブランド」です。
その例の一つに「CHROME HEARTS(クロムハーツ)」があります。
クロムハーツは、シルバーアクセサリーをメインにしたブランドで、その本物から模った、非常に精巧な偽物がかなり多く出回っています。

ギャランティカードの有無で査定が上がる理由

査定時に、品物とギャランティカードがセットであると、買取金額が上がることが多いです。
理由としては「その中古品を次に買う人がギャランティがあるほうが安心できるし欲しがる」ケースが多いからです。
本物だという安心感と、前述した中古品でありながら「正規店でサポートが受けれる」ことが大きな要因です。
(※ブランドによっては購入者本人しかサポートを受けれないというケースもあります)

中古ブランドで、ギャランティが付いているから確実に本物とは限らない

正規店以外で中古のブランド品を購入するときは「ギャランティや付属品があるからといって絶対にホンモノだと信じ込まない」ことも必要です。
ただ、大手の中古販売業者が偽物を販売することはまずありません。
なぜならその時点で業者の信頼が著しく損なわれるからです。

しかしネット通販専門のお店や、個人で取引できるネットオークションやフリマアプリなどは「ギャランティだけ本物で品物は偽物」というケースも考えられます。
いずれにせよ、中古のブランド品を購入する場合には、ギャランティの有無だけでなく販売元がしっかり信頼できるところかどうかを判断することが最重要です。

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP