エコステージで買取ができないブランド品とは

これって偽物?ブランド買取店で買取不可と言われるパターンとは

エコステージがお送りするリユースに関する様々なコラム集です。こちらは「ブランド品で買取不可と言われるパターンとは?」に関してお知らせしたコラムページとまとめになります。

買取不可と言われてしまった

「買取不可=偽物」と思ってしまう方も多いかと思いますが、必ずしもそうじゃない場合もありますので、買取を拒否されたからといってそのブランド品が偽物というわけではありません。
私たち鑑定士がよく使う言葉、「買取基準を満たしていないので買取できない」
買取りが出来ないと判断したブランド品には、「買取基準を満たしていないので買取できない」という表現を使いますが、まずはこの意味を説明していきます。

買取基準を満たしていないときの基準とは?

ブランド品を査定してもらったあとで、「この品物は買取不可です」とされてしまうケースも少なからず存在します。
その時、理由を尋ねても「弊社の買取基準には達していない」としか答えることができません。いくら鑑定眼に優れた査定員でもブランド品を偽物と断定することは基本的にはできないのです。

基本的に買取不可と言われてしまった品物は、ほとんどが偽物と判断されたと思ってください。(※あくまでほとんどです。理由は後述)
とはいえ、偽ブランド品の中には、本物とほとんど変わらない精巧な作りをしている品物もあります。
私たち鑑定する者も人間ですので、すべてを完璧に判断することはできません。

それぞれ、買取業者ごとで「偽物と判断するための基準」を定めているため、例えばエコステージで買取基準に達していないと判断したものでも、別の業者では普通に買取できることもあります。
私たち買取業者が偽物と断定できないのはこうした理由です。
偽物と断定できるのは作っているブランドの大元だけなのです。
仮に、本物だと思って持っていったブランド品を鑑定に出すと買取不可といわれたからといって、それが偽物ということではなく、その業者では偽物と判断されたくらいに思っておいてOKです。

正規品なのに偽物の特徴を持つブランド品

正規品としてブティックなどで購入したにも関わらず、ロゴやタグのズレなどの偽物と同じような特徴を持つハンドメイドの品物も少なからず存在します。
例えば、エルメスなどはハンドメイドのためそういった事例も多く、革小物で「型押しされているロゴが少しずれている」などはよくあることなのです。
こういう場合、私たち買取業者は本物である可能性が高いこともわかっています。ですが偽物である可能性もあります。 さらに、販売したときに偽物だと思われる可能性もあります。

当然ですが買い取った後に、売れなくては意味がありませんから、こうした本物にも関わらず難がある品物は買取基準に達していないと判断する場合があります。
売る側としては納得がいかないかもしれませんが、買取する側からしても売りづらい・・・という難しい問題なのです。

↑ PAGE TOP

人気ブランドはどんなにボロでも買取0円にはならない?

世界中に名だたる人気ブランドの品物は、どんなに傷んでいても0円査定、買取不可といわれることはまずありません。
人気のブランドと定義できるのは以下のブランドです。

Louis Vuitton(ルイヴィトン)
世界中で最も知名度のある、一流ブランド。破れていても大ダメージでも買取可能。
CHANEL(シャネル)
こちらも言わずと知れた一流ブランド。ココマークで有名ですね。
Hermès(エルメス)
世界一と言われる革の質感をもつ、エルメス。

この御三家くらいですが、これらのブランドの品物はどんなにボロボロでも、正規品である限り買取できないといわれることはないです。
本当に状態がひどい場合は、1,000円や500円なんて言われることもあるかもしれませんが、買取不可であることはまずありません。

安いブランド品や知名度のないものは値段が付かない例も多い

上記のブランド御三家は。高級ブランドと定義して良い価格帯も優れたブランドですが、これらよりももっと低価格なブランドは、状態が悪いとほとんど値がつかないことがあります。
具体的な例は「COACH(コーチ)」や「MICHAEL KORS(マイケルコース)」などといったブランドです。
もともとの値段が安い上に、並行輸入品なども多くさらに安売りもされているため、状態が悪い中古品の需要自体ほとんどないことから、多くの業者に格安買取品と認定されてしまいます。

並行輸入品もそうです。
平行輸入品とは、正規品と同じものが正規の定価よりもディスカウントされた値段で買えることだと思ってください。
例えば、同じ値段で売りに出された「並行輸入品(新品)」と「中古品」ではどちらを購入するでしょうか?
こうなってしまうと中古品は並行輸入品よりも安い値段でないと当然需要がなくなります。
並行輸入品が多いブランドは絶対に業者が高く買取できない理由はこうです。
コーチなどは販売戦略上、意図的に並行輸入品を多く流通させています。アウトレットがまさにそうですね。

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP