IWC/オールドインターのビッグケースモデル

時計買取専門店、エコステージ元町店です。

本日お買取の時計はこちら。

IWC

コンディションの良い「IWC/オールドインター」が入荷しました。

IWC

美しいシルバーカラーの文字盤。

大きめの日付表示がGOOD。

当時のインターの時計のダイヤルは、植字のドットや針の仕上げ・質感がよく、

価格以上の品質です。(現行モデルももちろん良いですが)

各ディテールを見てみよう

オールドインターのディテール

筆記体のインターナショナルウォッチカンパニー表記。

アップライトのIWCロゴもかっこいいです。

カレンダー部分もメッキで縁取られています。

IWCのカレンダー

竜頭は魚竜頭ではありません。ですが純正品と思われます。

ビッグケース

通常のモデルより一回り大きな、通称ビッグケースと呼ばれるもの。

特徴的な太めのラグが、現代でも通用する存在感を醸し出しています。

太めのラグ

裏ブタはスクリューバック式で、防水性も当時は高かったと思います。

パッキン交換、OHを行えば、今でも非常生活防水なみに使えるかもしれません。

この時計のコンディションについて

オリジナルのシルバー文字盤には目立つような劣化が見られず、非常に美しい顔をしています。

裏蓋は防水性の高いスクリューバック式。 通常のサイズより一回り大きいビッグサイズケースもポイントです。 ケースには年式なりの小傷がありますが、致命的なダメージの無い、程度良好な個体です。

搭載のムーブメントはペラトン式自動巻「Cal.8541」です。

ハック機能なしのモデル。

キャリバー8541はIWCが当時自社開発した最終ムーブメントです。クオーツショックを前に完成されたムーブメントと言えるでしょう。

他のオールドインターと比べてみる

オールドインターと比べる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

藤田持参のK18製オールドインターと。

この金無垢インターの方が年代が古いです。ラグの細さなどが際立っています。

ヨットクラブと

続いてヨットクラブと。

ヨットクラブは立派なスポーツモデルで、オールドインターでも人気は高いですが、

ヨットクラブよりも少し大きく、太いラグのケースです。

このビッグケースがいかに立派なケースサイズがお分かりいただけるかと思います。

 

アンティーク時計・ブランド時計を売るなら、エコステージ元町店へ

時計買取専門店、エコステージ元町店

エコステージ元町店へ電話