このページをSNSでシェアする!

個人から見た、古い時計・アンティーク時計の価値

オメガのシーマスター

時計コレクターなら、ご自分の所有する時計の値段、すなわち「価値」は、おおよそお分かりでしょう。

それでも、数十年前に買った時計であったりすると、現在の価値は上がっているかも知れません。

また、よく「アンティークは1点もの」と言われますが、本当に一つしか作られていないものは「オーダーメイド品」であり、そんな時計はこの世の中にほとんど存在しません。
しかし同じモデルでも¨その時計がどのような経緯を経てきたか”で一つ一つ個体ごとに表情が変わり、それが1点ものとしての味わいを楽しめるというのが正確なニュアンスです。

IWCの綺麗な文字盤

例えば50年前の時計だとしても、ずっと棚にしまわれて全く仕様されなかったものは、貴重なデッドストック(未使用品)として扱われます。
現行品では存在しないデザインが新品同様の美しさを楽しめるという価値が付きます。

まだGショックがない時代には、ダイバーウォッチは実用品として使われてきたものが多く、ベゼルが傷が付いたり褪色したり独特な雰囲気のカッコよさを持った個体もあります。
いわゆる「ヤレ感」とか「味」と言われるもので、古着やビンテージ好きな方はあえてこういうものを選んでいく傾向があります。

時計買取専門店、エコステージ元町店

時計買取業者から見た、古い時計・アンティーク時計の価値

附属品がそろっているカルティエ

私たち、時計専門店のバイヤーから見た時計の価値。

それは、やはり「外見・ムーブメントの状態が良く、附属品も出来る限りそろっているもの」です。
いわゆる「ヤレ感」とか「味」と言われるものは、個人所有であればプラスとして捉えることも多いですが、
基本的にはそういったことが無い、「綺麗な固体」こそ、高値が付きます(スポーツロレックスなど、一部に例外もあります)。

もちろん、これは個人でも業者でも同じことですが、「箱・保証書・コマ」などの附属品は揃っているほど価値があります。

あとは、例えば、針・インデックス・ベルトなどが、オリジナルのパーツ(純正パーツ)であるかどうか、ということも、時計の価値という面では非常に大切です。

古い時計の価値をしっかり見出します

オールドインターたち

古い時計・アンティークウォッチに価値があるのは、ロレックスやオメガ、IWCといった一流時計メーカー製の時計だけではありません。
確かに、ロレックスにいたってはアンティークロレックスの需要はすさまじく、ポールニューマンモデルのデイトナなどは数百万円もの値が付きます。

ですが、

ロンジン、ユリスナルダン、モーリス、ウェンガーなど、昔は人気だったメーカーや、今はもう現存しない時計メーカーも含め、
そういったアンティーク時計こそ、しっかり価値を見出せることこそが、本当のアンティーク時計買取店だと思います。

時計買取専門店「エコステージ元町店」は、オーナーの藤田が時計マニアの一人でもあり、
お客様との、そういった時計談義も楽しみにしております。

 

ブランド時計・アンティーク時計を売るなら、エコステージ元町店へ

店舗名 エコステージ元町店 (EcoStage motomachi)
住所 〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通3-7-6 サニーハイツ鯉川1階
お問い合わせ TEL:078-381-6167
営業時間 10:30-18:30

時計買取専門店、エコステージ元町店

エコステージ元町店へ電話