パイロットの筆記具を売る際に参考にしてください

パイロット(pilot)の査定について

世界中の筆記具ブランドの中でも人気を誇る、日本の筆記具ブランド・パイロット(pilot)。中古品・ビンテージモデルを問わず、パイロットの万年筆・ペンは、手入れをすれば末永く使うことができます。

パイロット

宅配買取申し込みフォーム

■パイロットのペンや万年筆の高価買取につながる大事なポイントとは?
それは、ペン先・ボディの「状態・程度」がいかに綺麗か、ということです。特に、カスタムシリーズは人気ですので、状態によって大きく左右します。
また、ビンテージモデルにおいては「付属品」も大事な査定基準の1つです。例えば廃盤モデルや世界限定モデルは数に限りがあるので、箱などの付属品も価値があります。

六甲店へ電話

万年筆のお手入れ方法

せっかく買ったパイロットの万年筆が書けなくなった・・ペン先に損傷はないみたいだけど。
と言われる中で一番多い原因は「インク詰まり」です。

インクの水分が蒸発してペン芯、ペン先などにインクの成分が固まって詰まっている状態です。 万年筆は長期間使用する予定がなかったり、インクを交換する時には洗浄が必要となります。

万年筆の洗浄方法
1コップに水か40度前後のぬるま湯を用意します。
ペン先ごとコップに入れます。特にパイロットのカスタムシリーズの万年筆はペン先がK18やK14など繊細な金無垢が多いので、注意を払って行いましょう。
通常1~2時間コップに入れておけば洗浄できますが、しばらく万年筆を使用せずに放置していた場合は、寝る前にぬるま湯に入れて一晩置くとより効果的です。
ペン先を入れた直後は水がインクで濃く染まることがあるので何度か交換してきれいな状態で行ってください。
コンバーターの場合は、コンバーターを装着したままペン先をコップに入れてインクを吸入するように水を繰り返し出し入れすることで洗浄する事ができます。汚れがひどい場合はコンバーターを取り外しカートリッジ同様にペン先ごと洗浄してください。
コップからペン先を取り出したら首軸からペン先に向けて流水で洗い流し、柔らかい布で水分をよく拭き取り、乾かして洗浄は終了です。

パイロットの万年筆は使うほどに手に馴染む筆記具です。毎日少しずつでも書いてみてください。
使い続けることで自分にあった書き心地になります。また、書くという行為が万年筆にとって一番のメンテナンスにもなります。

特にパイロットの万年筆は大変繊細かつ丈夫に作られています。大切に正しくお使いいただければ万年でも使えると言われる筆記具です。

下記の万年筆を高価買取中です

エコステージでは、パイロットの下記の万年筆やペンを高価買取中です。
新品・中古はもちろん、ペン先などにダメージがあっても高くお買取りできます。

万年筆
パイロット/pilot 万年筆 カスタム 823・945シリーズ パイロットの代表作の1つ、カスタムの823や845。エボナイトを削り出し、漆で仕上げた逸品。安定性が高く、なめらかでスムーズな書き味。こちらは状態が悪くても高価買取しています。

↑ PAGE TOP

無料査定とお買取依頼につきまして

「買取を依頼したい!」「いくらになるかな?」とお考えでしたら、下記の無料査定をご利用ください。
エコステージではパソコンからはもちん、スマートフォン・タブレットからでも気軽にご依頼できますよう、「LINE」査定と「メール」査定をご利用いただけます。

無料査定

パイロット(Pilot)の歴史

【日本三大ブランド―PILOT―】
明治30年代半ば、商船学校を卒業した並木良輔氏は海外貿易を担う貨物船の機関士として船上へ。
数多くの舶来品に触れるうち、「日本から世界に誇れるものをつくりたい」と夢を抱きます。
その想い、探究心が実を結び教授となった並木良輔氏がインク貯蔵に纏わる特許を取得。
1918年に並木製作所を設立し万年筆の製造販売を開始。これが世界へ羽ばたく序章となります。
欧州視察後、エボナイトの経年劣化を防ぐ漆を使用した万年筆製造方法を開発。
後に人間国宝となる松田権六氏を筆頭に「国光会(國光會)」を設立。

世界的ブランド「アルフレッド・ダンヒル」と欧州での販売代理店契約を結ぶなど、瞬く間に世界に認知される「NAMIKI」ブランドが確立されます。
一本の蒔絵万年筆完成まで3ヶ月以上、多いもので130もの工程を経て完成する珠玉の万年筆。
日本の伝統技術、完成度が世界に認められた瞬間のひとつでもあります。

世界初のキャップ無し万年筆、「キャップレス」を筆頭に次々と世界を驚かす発想を形にしていったパイロット万年筆。
パーツ製造の外部委託化が増える一方、日本を代表する三大メーカー含め日本国内で合金の鋳造から自社で行う数少ないメーカーでもあります。
また、ペンポイントに使用される金属、イリドスミン球を独自で配合、溶接する稀有な技術を開発。
1914年に日本で初めて実現させ、以来、世界でも稀な自社開発、溶接を行い、希少なレアメタルで非常に硬く摩耗しにくいとされる素材を扱っています。
ダイヤモンドに迫る程硬質で非常に成形が難しいイリドスミン球。パイロットの安定したペンポイント、書き味、耐久性はここから生まれます。

パイロット、とは大船の先頭に立って進む「水先案内人」の意。
時代の先頭に立ち常に困難に立ち向かい進んでいくという"難関突破"の精神や"固い絆"を表現し、社章には浮輪が採用されています。

↑ PAGE TOP

メール/LINEの無料査定

LINE査定
↑友達追加ボタンより登録(LINEへのログインが必要)
スマホ/PCからすぐできるLINE無料査定を始めました!

パイロットの買取対応エリア

出張費、送料ともに無料です!
宅配買取対応エリア:全国[送料無料]
出張買取対応エリア:兵庫県内と近畿圏全域[出張費無料]

エコステージをシェアする

↑ PAGE TOP