カメラレンズを売る際に参考にしてください

カメラレンズの買取と査定について

使わなくなった中古のカメラレンズはありますか?
一眼レフカメラのメリットの1つに、レンズを交換できることがあります。ですが、今までに沢山買ったレンズの中から、使わないレンズも出てくるかと思います。

処分を考える前に、標準ズームレンズ、広角ズームレンズ、望遠ズームレンズ、単焦点レンズ、マクロレンズ、魚眼レンズのすべてがお買取可能です。
国内の、ソニー、タムロン、シグマ、ニコンなどはもちろん、海外メーカーの、カール・ツァイス、ライカ、ローデンシュトックまでお買取しております。

カメラレンズ

六甲店へ電話

カメラレンズ全6種の特徴
標準ズームレンズ
標準ズーム
人の視界と同じような自然な距離感のため、最も色々な場面で使えるレンズです。 「ズーム」できるので遠い被写体であれば、自ら寄らなくてもレンズで調節することができます。
・焦点距離:18~55mm
広角ズームレンズ
広角ズーム
標準ズームレンズよりも、ずっと遠くにあるものをぐっと近くに引き寄せて写すレンズです。野鳥や遠くの建物、運動会や発表会などさまざまな撮影で威力を発揮します。
・焦点距離:70~300mm
望遠ズームレンズ
望遠
1枚の写真に、より広い範囲を写せる(画角の広い)レンズです。 祭りやスポーツ観戦では、たくさんの人を写すことができ、臨場感を出すことができます。
・焦点距離:10~35mm
単焦点レンズ
単焦点
ズームできないレンズです。いわゆる「ボカシのきいた写真」を撮れます。ズームできない分、パンケーキレンズなど言われる小型・軽量のものあります。
・焦点距離:30~50mm
マクロレンズ
マクロ
虫眼鏡のように被写体を拡大して撮影する面白いレンズです。 花、虫、水滴など、クローズアップすることで、普段、見えない世界にクローズアップして撮影できます。
・焦点距離:50~60mm(標準)
魚眼レンズ
魚眼
ほぼ360度の周囲を撮れる特殊なレンズです。 撮影角度によっては、空の全周を写すことができ、使い方次第で面白い写真が撮れます。
・焦点距離:12mm以下

中古市場で一番人気のレンズは?

いろいろなレンズがありますが、中古レンズで人気なのはやはり望遠レンズです。初めてカメラを買われて、レンズを交換したいなと思ったときに、望遠レンズを選ばれるようです。

ですが、初心者にはまず、単焦点レンズがオススメです。
ズームするのではなく自分の足で動いて構図を選ぶうちに、撮影の腕が上達すると言われています。

古いカメラレンズを少しでも高く売るなら

大切にしていたカメラレンズを今買い取ってもらうなら、少しでも高く買い取ってもらいたいところですよね。レンズを売る前にお客様ができることについてご紹介します。

メンテナンス箇所
レンズ表面の汚れを取る
レンズの汚れ
レンズ表面をクリーニングするには、クロス布またはレンズティシュなど目の細かいもので拭き取ります。布やレンズティッシュペーパーでは拭き切れない細かい箇所は、綿棒を使います。
ブロアーでレンズ各分のホコリをはらう
ブロワー
ブロアーで、レンズ表面やレンズのボディ各所にたまった埃などを大まかに拭き落とします。このとき、レンズ表面にキズをつけないように注意してください。

無料査定とお買取依頼につきまして

「買取を依頼したい!」「いくらになるかな?」とお考えでしたら、無料査定をご利用ください。
エコステージではパソコンからはもちん、スマートフォン・タブレットからでも気軽にご依頼できますよう、「LINE」査定と「メール」査定をご利用いただけます。

無料査定

↑ PAGE TOP

メール/LINEの無料査定

LINE査定
↑友達追加ボタンより登録(LINEへのログインが必要)
スマホ/PCからすぐできるLINE無料査定を始めました!

カメラレンズの買取対応エリア

出張費、送料ともに無料です!
宅配買取対応エリア:全国[送料無料]
出張買取対応エリア:兵庫県内と近畿圏全域[出張費無料]

エコステージをシェアする

↑ PAGE TOP